【ギア紹介】100均メスティン 紹介

ギア紹介

今回は、先日購入してみた100均メスティンを購入したのでその紹介と実際にご飯を炊いてみたので紹介していきます。まだ、実際にキャンプでは使っていませんが、先日家でもご飯を炊くのに一度使ってみましたのでその使用感を踏まえ紹介いたします。

100均メスティン 詳細

~詳細~
■製品名 :メスティン(ハンドル付き)
■価格  :500円(税別)
■メーカー:ダイソー
■サイズ :縦7.7cmx横14.5㎝x高さ5㎝
■満水容量:500ml
■重さ  :約120g(蓋込み)
■材質  :本体、蓋    アルミ二ウム
      ハンドル    ステンレス
      ハンドルカバー シリコーンゴム(耐熱温度180℃)

特徴

・使用上の注意事項として焚火やストーブの上での使用しないようにと記載がありました。
 個人的には使っても問題ないかとおもいますが、取っ手のシリコンカバーが溶けてしまうかも。

・容量が500mlでごはんが炊ける量としては1合までとなっております。

使用感

良い点

通常のメスティンに比べ1合炊きとサイズは小さいですが、作りとしてはしっかりしています。

下の写真のハンドルとの接合部分もしっかりとしておりますし、メスティンの鍋のふちにもバリなどなく非常になめらかでした。

また、100均にしては高い500円という金額設定ですが、キャンプギアとしてこのクオリティにしては非常に安く購入できる点もポイントです。別にダメでもいいやと思って帰る金額ですし、その上実際使ってみても非常によく、かなりお勧めでした。

また、付属でご飯の炊き方の説明書がついていて初めてごはんを鍋で炊くという方にも優しいです。

悪い点

よくない点としてはサイズの小さがあげられます。一度に炊けるご飯の量が1合というところはソロキャンプとしてもいいのですが、乾麺を作ったりするにしては少しサイズが小さすぎます。

また、焚火やストーブの上に置くのを避けるようにとのことでこの点も少し残念です。

実際にご飯炊いてみた

先日、家でですがこの100均メスティンを使ってご飯を炊いてみました。

メスティンに水のライン等なく、入れる量が分からず今回は1合に対してきちんと200ml測りました。200ml水を入れてみると下の写真のようにハンドル部分の泊めている金具より少し上にきます。

しっかり15分程度お米に水を吸わせてから同じく100均で販売している固形燃料を使ってお米を炊きました。ちょうど20分程度燃えるものだったので火が消えるまでそれでお米を炊きました。

非常にふっくらとお米を炊くことができました!

まとめ

今回は100均メスティンを紹介いたしました。

非常にコンパクトで使い勝手もよく、価格的にも懐に非常にやさしい価格になておりますのでぜひ一つ買ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに家の近所のダイソーには売っておらず、つい別件でお買い物に行った際にたまたま見つけました。ネットでは見たことあったのですが、初めて実物を見ました。ぜひ見かけたら買ってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました