ソロキャンプ/タープ泊の相談受付中!

【キャンプギア紹介】100円じゃないけど買わなきゃ損! ダイソー ドライバッグ紹介

ギア紹介

今回はDAISO レジャー用防水バッグ(ストラップ付)をご紹介いたします。

商品名は「レジャー用防水バッグ(ストラップ付」となっておりますが、こちらは一般的にドライバッグ(スタッフバッグ)と呼ばれる製品になります。

製品の概要・ポイント含め説明していきます。

DAISO レジャー用防水バッグ(ストラップ付)

以下、DAISO レジャー用防水バッグ(ストラップ付)の詳細となります。

項目概要
製品名レジャー用防水バッグ(ストラップ付)
メーカー株式会社大創産業
サイズ36cm x 48cm x 0.5cm
重さ約350g
容量15L
材質本体   :塩化ビニル樹脂 ポリエステル
バックル :ポリアセタール
ストラップ:ポリプロピレン
防水性IPX6相当
付属品ストラップ

別サイズとして3Lのドライバッグ(ストラップなし)も販売されております

下記、ダイソーの商品紹介ページになります。

レジャー用防水バッグ | 話題の新商品 | ダイソー
DAISO(ダイソー)の話題の新商品「 レジャー用防水バッグ 」を紹介しています。
【ドライバッグとは?】
ドライバッグとは防水性に優れたバッグであり、濡れたものを中に入れた逆に濡らしたくないものを中に入れたりするのに使うバッグです。
別名:スタッフバッグ

レジャー用防水バッグ 特徴

レジャー用防水バッグは上の写真のように平らにすることができます

15Lの商品に関してはベルトも付属品としてついております。表には容量と商品名が記載されており、裏面下部にもベルトを取り付ける用のループがついております。

中にものを入れた際は上の写真のようになります。

口の部分の両脇のループにつなげば左のように肩掛けで持ち運んだりできるように、裏面下部のループと口の部分のループ片方に取り付けると右の写真のように斜めが決して背負うこともできるようになります

また、中は上の写真のようになっております。

入り口部分は上の写真のようにバックルがついており、しっかりと止めることができます。

レジャー用防水バッグ 使用方法

STEP1

まずはドライバッグに荷物を入れ、入り口部分を上の写真のようにまっすぐに揃えます。

STEP2

次に上の写真のように黒の帯の太さに倣って、上から下に3回以上折りたたみます。

STEP3

最後にバックルをとめてくちを閉じれば完了です。

レジャー用防水バッグ おすすめポイント

よい点

IPX6相当の防水性能

まず一つ目の特徴として挙げられるのが防水性能です。

一般的に販売されているドライバッグはIPX6のものが多い中で本商品もIPX6相当の防水性能あります

税込み550円とは思えない商品の理由の一つです。

ベルトが付属品としてついている

ドライバッグはインナーバッグとして使うタイプのただの袋上の製品もありますが、ダイソーの15Lのドライバッグにはベルトが付属品としてついており肩掛けとして使ったり斜めが決して持ち運ぶことができます

そのため、容量はそこまで大きくないですが本製品単体でも外出の際に利用できる点が魅力です。

よくない点

なし

よくない点はございません!

もしかすると長く使っていると感じる部分も出てくるかもしれませんが、特段気になる点はございませんでした。

まとめ

今回はDAISO レジャー用防水バッグ(ストラップ付)のご紹介でした。

ダイソーで気軽に購入できる製品の中でもかなりおすすめの製品の一つになります。

15Lの他に3Lのサイズもございますので、気になった方はぜひ試しに一つ購入してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました