【キャンプギア紹介】キャンプの食材の持運びにおすすめ保存容器! stasher(スタッシャー)紹介

ギア紹介

今回はプラスチックフリーの食品用保存容器であるstasher(スタッシャー)をご紹介いたします。

キャンプギアということで取り上げておりますが、特段キャンプ専用の食品用保存容器というわけではありません。しかし、 stasher(スタッシャー) は非常にキャンプの場面で活躍するアイテムであるため、今回ご紹介いたします。

stasher(スタッシャー)サンドイッチ(Mサイズ)

以下、stasher(スタッシャー)サンドイッチ(Mサイズ) の詳細となります。

■製品名 :サンドイッチ(Mサイズ)
■メーカー:stasher(スタッシャー)
■サイズ :縦19cm x 横19cm x 厚さ2.5cm
■重さ  :75g
■材質  :シリコーンゴム(ピュアプラチナシリコーン)
■容量  :0.44L

特徴

スタッシャーですが、下の写真のような食品保蔵容器になります。

容器の出し入れ口は下の写真のようになっております非常に密閉度も高く持ち運びにおいても安心して利用することができます。

stasher(スタッシャー)サンドイッチ(Mサイズ) はiPhone12Proと比較した写真です。コンパクトで持ち運びのしやすさもあります。

・容器の出し入れ口はしっかりしており、安心感がある。
・コンパクトで持ち運びしやすい。

おすすめ使用タイミング

キャンプの食品の運搬

容器の出し入れ口がしっかりとしており、お肉や多少汁が出るものであっても安心して持ち運びが可能です。また、こういった再利用可能なケースでもってくくることで現地で出るごみの量を減らすこともできます

バックにそのまま入れずらい食品の持ち運びの利用がおすすめです。

アウトドアの際の携帯等の精密機器のケース

野外活動の際に形態やバッテリーなど精密機器を持ち運ぶ際にこれを使うのもおすすめです。密閉度が高いことから雨など降ってしまった際はもちろん、バックを誤って濡らしてしまった際にもスタッシャーに入れておけば安心できます。

お弁当ケース代わりに利用する

これは我が家で使っていた使い方なのですが、ランチ用に準備したサンドイッチなどをそのまま入れて会社にもっていっておりました。それほど容量があるわけではないですが、これもおすすめの使い方の一つです。

おすすめポイント

よい点

冷凍可能

シリコーン製ではありますが、こちら中に食材を入れて冷凍することができます。

作り置きで準備した食事を冷凍するのにも使えますし、真夏のキャンプの際に肉などをここに入れて冷凍しておくことで腐ることを防ぐこともできますし、一緒に持ち運ぶ他の食材も冷やしておくことが可能です。

オーブンで焼ける・そのままお鍋で加熱や電子レンジの利用も可能

スタッシャーは温める際にも様々な方法で対応が可能です。電子レンジでの加熱はもちろん、オーブンでの加熱やそのまま鍋に入れて加熱することもできます。

キャンプの際冷凍して持ってきた食品の解凍を急ぎたい場合はそのままお鍋で加熱ということも可能です。

食洗器でも洗える

キャンプにはあまり関係ありませんが、食洗器にそのまま入れて洗うことが得きる点も魅力の一つです。

よくない点

少しお値段が高い

これだけの機能があるため納得の値段ではありますが、食品保存用の容器にしては個人的には少し高い感覚はあります。

まとめ

今回は プラスチックフリーの食品用保存容器であるstasher(スタッシャー)の紹介でした。

今回はキャンプギアではないといえばキャンプギアではないのですが、個人的にキャンプでの活用が非常におすすめの商品の一つです。

是非キャンプ用に買ってみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました