【ロープワーク紹介】収納や持ち運びの際に使える結び方「チェーンノット」紹介

ロープワーク

今回は収納や持ち運びの際に使える結び方である「チェーンノット」の紹介をいたします。

この結び方は、少しおしゃれに収納できるとともにいざ使いたい際にも非常に簡単にほどくことができるため、チェーンノットでまとめたロープなどをカラビナなど使ってリュックにつけて持ち運んだりすることができます。

「チェーンノット」とは

「Chain Knot(チェーンノット)」と呼ばれるこの結び方はロープを手軽にまとめることができます。手軽に結べ、ほどくことができる結び方であるためクライミングをされる方でも使われたりするようです。

キャンプ内での用途としてはテントにつけっぱなしのテンションを張る際に使うロープなどに対して使えばおしゃれにまとめることができますし、その他手持ちのガイロープなどをカラビナに引っ掛けてチェーンノットでまとめ、リュックなどにつけておくことができます

・ロープを手軽にまとめることができる結び方
・テントなどにくっついているテンションをかける用のロープなどもこのまとめ方に使える

「チェーンノット」結び方

以下、写真をふまえながら説明いたします。

1.まずカラビナなどにまとめたいロープを下の写真のように引っ掛けます。

2.続いてかけたロープに下の写真のように輪っかを作り、その輪っかに青色で塗った部分をつまみ通してあげます。

3.すると下の写真のようになりますので青く塗った部分を赤矢印の方向に引っ張り絞ります。

4.すると下の写真のようになりますので、また先ほどと同じように青色に塗った部分をつまみ新たにできた輪っか部分に通します。

5.そこからは同じようにできた輪っかにロープの途中をつまんで通し、新しい輪っかを作る作業を繰り返していきます。

6.ロープの端まで5を繰り返すと下の写真のようになります。最後部分をほどけないように最後にできた輪っかにはロープの端をつまみ通します。

7.通した先を引っ張って締めます。

7.すると完成です。

ほどき方

ほどき方も以下写真を使って説明いたします。

1.結び目最後に通したロープの先を赤矢印の方向に抜きます。

2.すると下の写真のようになりますのでロープの先を赤矢印の方向に引っ張るとそのままほどけていきます。

ポイント・注意点

非常に結ぶのが簡単、かつ簡単にほどくことができる

この結び方は、非常に簡単にむすぶことができることができ、簡単にほどくことができる点が魅力になります。

引き解け結びを応用して使っていることで、ほどく際にもロープの先を引っ張るだけで簡単にほどくことができます。

おしゃれにロープをまとめることができる

単に見た目の話ですが、単純にロープを束ねておくよりも少しおしゃれにまとめることができます。また、この結び方で短いロープを使ってキーホルダーのようにしたりすることもできます。

ちなみにおすすめガイロープもございますのでもしよければご参考に見てみてください。

まとめ

今回はチェーンノットの結び方を紹介いたしました。

おしゃれかつ手軽にロープをまとめることができる結び方で慣れれば短時間で結ぶことができるようになりますので、ご興味のある方はぜひ練習して覚えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました