【DDタープの張り方】DDタープXLを使ったティピーテント風張り(DDタープ4.5x3)

DDタープ張り方

今回はDDタープXL(4.5x3)を使ったティピーテント風張りの張り方やポイント、おすすめの季節などを紹介いたします。

以前別の記事でDDタープ3x3を使ったティピーテント風張りをご紹介いたしましたが、このDDタープXLを使った張り方では3x3とは違いフルクローズすることができます。また、形もおしゃれですし(個人的意見ですが)非常におすすめの張り方の一つです。

【DDタープの張り方】ティピーテント風張り紹介(DDタープ 3×3) | CAM P RISM

ティピーテント風張り(DDタープXL版)

DDタープXLを使ったパップテント風張りは上の写真のような張り方になります。

この張り方は写真ではフルクローズで前をしめることができないように見えると思いますが、その通りでフルクローズできないです(笑)

私が使う際はあまりフルクローズにすることにこだわりがなく、まえを広めに開けて使いたいのでこのような張り方をしております。

この先の張り方の説明でフルクローズにする場合の説明も補足していきます。

あまり写真撮れていなかったので同じような写真になっていますが、下の写真は少し左側からとったものになります。

ティピーテント風張りに必要なギア

ティピーテント風張りを張る際に必要なキャンプギアは下記になります。

DDタープ XL

冒頭にも書いておりますが、DDタープXLが1つ必要です。

ペグ

ペグについては固定しないといけないループが6か所あるので、6本必要になります。風が強い時などは、地面に接する残りのループもペグで固定した方がよいのでその際は9本合計で必要になります。

ポール

ポールは1本必要になります。フルクローズにしたい場合は1.9mのポールを、入り口を広く使う場合は1.7mのポールを利用する。

ガイロープ

ガイロープは2.4mのものが1本あれば事足ります。

  • DDタープ XL    :1枚
  • ペグ      :6本(すべてのループを固定する場合は9本)
  • ポール       :1本(フルクローズは1.9m・入り口を広く使う場合は1.7mを利用)
  • ガイロープ   :1本

ティピーテント風張りの張り方

上の図がDDタープを広げた際のイメージ図です。写真の下側が入り口側になります。

赤色の丸    :ペグを打ち込む場所
青色の丸    :支柱用のポールを入れる場所
緑色の線    :パラコードを張る箇所
黄色の網掛け部分:オレンジの点線を軸に内側におり込み合わせる部分
オレンジ色の点線:折り目になるところ

ペグを打つ順番

フルクローズにする場合

1.まず入り口側の両端の赤丸部分を合わせてペグを打ち込みます。この際それぞれの赤丸ごとでペグを2つ使って同じ位置に打ちます。

2.1で打ち込んだペグを起点に残り4か所の赤丸部分を含め5角形になるようにペグを打ち込みます。

3.次に準備している1.9mのポールをオレンジの連戦がこうしている場所の青丸部分にたてます。

4.緑色の線がガイロープになりますので、そちらをタープの布沿いに左右どちらかに斜め下向けに卸しその先を地面にペグで固定します。

5.最後に黄色の網掛け部分を内側に織り込めば完成!

フルクローズしたい場合はポールは1.9m程度のものを使う!
また、入り口は4で張ったガイロープと反対側の面のペグを外し出入りする。

入り口を広くとった張り方の場合

1.まず入り口と反対の真後ろに位置する赤丸部分2か所をペグ打ちします。

2.その後青丸部分にポールを立て倒れないように中止ながら緑の線のガイロープを入り口からまっすぐ外に伸びる方向にぴんと張って一度仮打ちします。するとポールが倒れずに自立します。

3.1で打ったペグ2か所と同じ幅で入り口側両側に位置する赤丸の場所にペグを打ち込みます。

4.両側の赤丸部分のペグを打ち込み2で張ったガイロープのペグを外します。

5.緑色の線がガイロープになりますので、そちらをタープの布沿いに左右どちらかに斜め下向けに卸しその先を地面にペグで固定します。

6.最後に黄色の網掛け部分を内側に織り込みぴんと張るようにペグの位置を調整すれば完成!

入り口を広くしたい場合はポールは場合は1.7m程度のものを使う!

メリット・デメリット

メリット

メリットとしてはフルクローズできる点が挙げられます。

真冬でも寝る際にフルクローズすることである程度の寒さもしのぐことができます。また、DDタープXLを使っているため中の空間の広さもかなりに広くゆったり過ごすことができます。

デメリット

デメリットは作業をする際の屋根が作れない点です。

シェルターとしての機能は抜群ですが、雨など降った際に焚火や調理をしたい際に完全に外に出て作業をするしかなく、どうしても濡れてしまうことになってしまいます。

別の記事で紹介したDDタープXLを使ったティピーテント風張りであれば雨の日の作業もしやすいので見てみてください。

【DDタープの張り方】パップテント風張り(DDタープXL 4.5x3) | CAM P RISM

おすすめの季節「春、秋、冬」

この張り方は全てのシーズンで使えますがおすすめとしては春、秋、冬向けです。

フルクローズしても中はそれなりの広さが確保できるので中でゆったりしたり作業もできるがよい点ですが、夏は少し熱くなってしまうと思います。

まとめ

DDタープXL4.5x3を使ったティピーテント風の張り方の紹介でした。DDタープ3x3でもティピーテント風張りを紹介いたしましたが、DDタープXLを使った方が非常に快適に過ごせるサイズになります。

DDタープ3x3の張り方が気になる方はぜひ下の記事も読んでみてください!

【DDタープ3x3張り方】 おすすめ張り方6パターン紹介 | CAM P RISM

コメント

  1. こんにちは。ずっとDDタープの購入を悩んでます。使いこなせる自信がない・・・。また購入意欲がわいてきました。ありがとうございました。

    • コメントありがとうございます。DDタープ非常におすすめです!ぜひ購入してタープ泊楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました