【キャンプ基礎知識】クッカー(コッヘル)について種類・選び方おすすめ紹介

キャンプ基礎知識

今回は重要なキャンプギアの一つであるクッカー(コッヘル)について説明、紹介をいたします。キャンプのだいご味の一つである野外炊飯、そこで重要になってくるのが調理器具であるクッカーになります。クッカーの種類やおすすめの選び方等も含めて紹介していきますので是非ご一度頂ければと思います。

クッカーとは?

上の写真は私の持っている焚火缶のクッカーです。

クッカー(コッヘル)とはキャンプや登山などアウトドアでの利用を想定した小型携帯用の少人数で利用する調理器具のことを指します。クッカーは英語、コッヘルはドイツ語が語源になっているようです。

飯盒もクッカーの一つかと思っていたのですが、飯盒はソラマメ型のご飯を炊くものを指すようで、クッカーの場合は丸型や角型のものを指し、また数種類のサイズのものを重ねて持ち運びができるものがほとんどのようです。

寝袋の種類紹介

ここからはクッカーの種類を紹介していきます。クッカーは形としては2種類ですプラスで素材についてもそれぞれ簡単に特徴を紹介いたします。

形別 種類

大きく分けて丸型と角型の二つに分かれます。

丸型クッカー

↑snow peak(スノーピーク)のアルミクッカー(画像はamazonのリンクです)

丸型クッカーは読んで字のごとく円筒形の形をしたクッカーを指します。個人的にはこちらが主流(製品として多い)なイメージがあります。メリットとしては角がないので洗いやすかったり均等に熱が伝わりやすいイメージがあります。また、注ぎ口が鍋についているのものもありポットとしても使えるものもあります。

角型クッカー

↑UNIFLAME(ユニフレーム)の山クッカー(画像はamazonのリンクです)

角型クッカーは長方形の四角柱の形をしたクッカーのことを指します。メリットとしてはパッキングしやすかったり、リュックに詰める際に丸型に比べて隙間なく詰めることができたりする点です。

その他

その他としては取っ手の形が違うものがあります。一般的には角型、丸型での画像のようにフライパンの取っ手のような形で収納できるものが多いですが、私が愛用している焚火缶のようなバケツの取っ手のような形のものもあります。特徴としては焚火などの上に吊り下げて使用できる点です。

もしよろしければ焚火缶紹介記事も読んでみてください。

素材別 種類

アルミ二ウム

熱伝導率も高く焦げ付きずらいのが特徴です。欠点としては金たわしなどで強くこすると表面のコーティングがはがれて錆に繋がってしまうので取り扱いにある程度の注意が必要になります。

ちなみにコーティングとしてはアルマイト加工のことを指しますが、詳細は割愛します。

ステンレス

アルミニウムとは逆で硬く丈夫なため、金たわしなどでごしごし洗っても錆などは気になりません。欠点も逆で熱伝導率が低く焦げ付きやすくなっているため調理の際注意しなければなりません。

チタン

アルミ二ウムやステンレスに比べると価格が高くなります。軽く丈夫なところはいいが熱伝導率がかなり低く取っ手等も厚くなりにくいが結果焦げ付きやすく、燃料もたくさん必要になってしまいます。

クッカーの選び方

前提として大小2サイズの蓋つきのものがおすすめですが、その他選び方として紹介いたします。

サイズについて

サイズについては利用人数である程度購入サイズが決まりますが、2名以上で使えるものはほぼ見たことないので、ソロで使う用のミニマムなものかある程度のサイズのものかを選択すればよいと思います。

素材について

素材については個人的にはアルミ二ウム製がおすすめですが、コーティングの剥がれなど気になるようでしたらステンレスでもいいと思います。ただ、チタン製だけは金額も高く、あまりメリットを感じられないのであまりお勧めしません。

形の選び方

形については気に入った方を選択すれば大丈夫です!個人的には丸型の方が熱も均一に伝わりやすく、洗いやすいのでお勧めです。

初心者におすすめは?

先ほども書きましたが初心者関係なく個人的にはチタン製はあまりおすすめしません。(かっこいいイメージはありますが)基本的には有名どころのメーカーから選んでいただければいいですが、大小2個セットのものがおすすめです。理由としてはごはんとその他一品が作れるからです。

おすすめするとすれば私が使っている焚火缶です。ただ、焚火缶は別の記事でも紹介しているのでその他で考えるとsnow peakのアルミクッカーもおすすめですが、amazon限定販売のシンプル プラン(Simple Plan) アルミクッカーコンボ が金額的にも個人的に非常におすすめです。

まとめ

キャンプにおいてクッカーはなくてはならないギアの一つです(普通の鍋などもっていっていれば必要ありませんが(笑))。もしこれから購入される方はしっかりご検討いただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました