キャンプにおける固形燃料の魅力と重要性について

コラム

本日はキャンプにおいてあると非常に便利なアイテムである固形燃料の魅力と重要性について紹介していきます。

何か調理をしたりする際やお湯を沸かすときに非常に手軽に使える固形燃料ですが、どういう場面で使えるかほかに必要なアイテムにも触れていきます。

固形燃料とは?

固形燃料とはもとも可燃性のある物質に、携帯性を持たせたりすることにより使いやすく加工した燃料のことを指します。また、固形燃料を使って食品を直火で調理することはできないので注意が必要です。

写真の固形燃料は「卓上用固形燃料」であり、メタノールを主成分として作られているタイプのものです。よく料亭などの鍋物の加熱用に使われているかと思いますが、これもキャンプでも活用できます。

ただ、キャンプ専用の固形燃料もあり、違いとしてはより携帯性に優れた形になっております。

固形燃料の種類

卓上用固形燃料

「固形燃料とは?」でも書きましたが、メタノールを主成分として作られているタイプのものです。非常にポピュラーな固形燃料で、よく料亭などの鍋物の加熱用に使われているイメージがあるかと思います。

アウトドア用固形燃料

次に紹介するのがアウトドアやミリタリー用の固形燃料です。加熱時間に応じて必要な量を投入して使うことができるのと、あとにゴミが残らないのがポイントです。

缶入り固形燃料

缶入りタイプの固形燃料もあります。この特徴としては缶自体が五徳の役割をこなすため、別で五徳を準備する必要がない点が挙げられます。

ただ、缶自体が使用後ゴミとなってしまうのがデメリットになります。

固形燃料魅力・おすすめポイント

すぐに調理できる

まず最初におすすめポイントとして挙げたいのがキャンプに行った際にすぐに簡単に調理ができる点です。

焚き火や炭に火をつけるところから始めるとなると結構調理まで時間がかかってしまいます。撤収日の朝などは特に固形燃料で手軽に調理ができるので利用シーンとしてはおすすめです。

持ち物が手軽

2つ目のポイントとしては荷物がそれほど増えない点です。

固形燃料プラス五徳があれば火が使えるようになるため、荷物をほとんど圧迫されることがありません。そのため、電車キャンパーにとってもサブとして持っていくことが問題なくでき、非常に便利なアイテムになります。

ゴミがほとんど出ない

最後のポイントとしてはゴミがあまり出ない点です。

卓上用固形燃料を使った倍でも周りのアルミしかゴミとして出ないですし、アウトドア用の固形燃料になればゴミは出ないです!

固形燃料が活躍する場面

朝食の準備の際

ポイントでも記載しましたが、すぐに火を使って調理が始められることから、朝食の準備にお勧めです。いちから薪に火をつけて調理の準備をするのもいいですが、撤収など考えると火をつけてその処理を考えると少し手間かと思います。

そんな時にサブで持っている固形燃料を使って手軽にできる点がおすすめです。

ちょっとお湯を沸かしたい時

キャンプ地について簡単な腹ごしらえのためにカップ麺を食べたい時や、コーヒーやお茶を飲みたい時にすぐにお湯を沸かせるのでおすすめです。

食事の準備の際のサブの火として

食事の準備の際、これを炒めて横でこれを煮て等同時進行で調理を進めたい時など固形燃料を使ってメインの日以外で調理を同時進行でできます。

具体例としては、ご飯などを固形燃料を使って炊きつつ、別途炭火でメイン料理の調理などが挙げられます。

購入できる場所

基本的にどこでも販売されている印象ですが、代表的な販売している場所が下記となります。

  • ホームセンター
  • 100均
  • スーパー  etc...

ホームセンターであればほぼ100%購入することができますが、100均やスーパーでは店舗によっては販売していない場合があるのでご注意ください。

一緒に必要なアイテム

五徳

「缶入り固形燃料」以外を利用する場合、別途五徳が必須となります。

様々なタイプの五徳がありますが、「ある程度の耐荷重がある」「コンパクトに持ち運べる」等意識して購入することがおすすめですが、基本的にほとんどのものが問題なく使えるため気に入ったデザインのものを購入すればよいです。

まとめ

今回は固形燃料の魅力・ポイントについてご紹介いたしました。

電車キャンパーの方のサブの調理用の火として非常におすすめのアイテムですの。もしまだお持ちでない方がいらっしゃいましたら100均で五徳の購入もできますので、是非一つは手に入れることをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました