ソロキャンプ/タープ泊の相談受付中!

【キャンプ基礎知識】ランタンとは? 種類・選ぶ基準紹介

キャンプ基礎知識

今回はキャンプにおいて夜の活動になくてはならないアイテムである「ランタン」について紹介いたします。

キャンプを長くされている方であれば多くの種類のランタンを収集されていたり、始めたばかりの方でもとりあえず一つは始める際に準備したいランタンですが、改めてどういった種類があるのか、具体的におすすめのランタンはどういったものがあるのかここでは説明していきます。

ランタンとは

ランタンとは、手に提げるたり持って運ぶことのできる「ランプ(電気・油脂・ガスによる光源と、笠やホヤなどの保護装置がある照明器具)」のことを指します。

オイルや電気を燃料とするランタンは一般的に光を発生させる部分と燃料タンクが一体化した構造となっております。一方ガスランプの場合は、圧縮ガスを蓄えるタンク(ボンベ)を接続するものが多いが、外部からガス管で供給する構造のものもある。

ランタンの種類

オイルランタン

オイルランタンは燃料に灯油やパラフィンオイルなどを使って火を一定時間灯すランタンのことを指します。

オイルランタン自体は非常に昔から利用されている光を得るためのアイテムですが、昨今では雰囲気づくりとしての側面が大きく、キャンプにおいてもメインの照明としては少し心もとない面もありますがもちろんこれだけでもキャンプは十分夜も楽しめます。

・燃料のオイルはタンク等で予備で持ち運びも必要
・キャンプの雰囲気づくりとしてはピカイチ!

ガスランタン

ガスランタンはガスを燃料として火を一定時間ともすランタンです。ほとんどの製品がガス缶さえ装着すればツマミをひねるだけで簡単に着火、消火ができます。

ただ、予備の燃料としてはガス缶を持ち運ぶ必要があり、荷物が増えてしまうのがデメリットとして挙げられます。

・着火消火が非常に簡単にできる
・予備のガス缶で荷物が増えてしまう

LEDランタン

LEDランタンは電気を燃料として明かりをともすランタンになります。電池さえ入っていればスイッチ一つで明かりをともすことができますし、性能によっても異なりますが、非常に明るい光をともすことができます。

サイズも小さなものから大きなものまで幅広くあり自身のキャンプスタイルに合わせて選ぶことができます。

基本的に一晩で電池が切れてしまうというような製品はなく、連泊する場合は予備があった方がいいですが、それもそれほど大きなものではないのでキャンプの荷物も増えないのがおすすめです。

・手軽に非常に明るくキャンプの夜を照らすことができる
・サイズも様々なものがあり、予備の電池もかさばらない

キャンドルランタン

キャンドルランタンは名前の通り、キャンドルを使って火を一定時間ともすランタンです。

基本的にキャンドルランタンに合わせて専用のキャンドルの準備が必要になります。明かりとしてはキャンドルなので光量としては少し心もとなさがある一方非常にオイルやガスタイプのランタンに比べコンパクトで持ち運びしやすいです。

燃焼時間については商品によって違いますが、UCOのキャンドルランタンではちなみに9時間持ちます。

・コンパクトで持ち運びも便利
・光量は少し心もとない面もあり

ランタンを選ぶ基準

サイズについて

ランタンのサイズについても非常に重要です。これに関してはどの4つの種類でも製品によってさまざまなサイズのランタンが出ております。

ただ、LEDやキャンドルランタンは比較的小さなサイズのものが多く出ておりますし、逆にオイルやガスランタンは比較的大きなサイズのものが出ております。

ご自身のキャンプスタイル(車なのか、徒歩なのか含め)に合わせて持っていきやすいサイズを意識して選択しましょう。

燃料について

燃料についても重要なポイントになります。前段でランタンの種類としてオイル、ガス、LED、キャンドルそれぞれ紹介してきましたが、予備の燃料がどのような形で持ち運べるかという点で差が出てきます。

種類予備燃料サイズ
オイルタンク大~中
ガスガス缶
LED電池
キャンドルろうそく

上の表を見ていただいた通り種類によって予備燃料の持ち運べる携帯とサイズが別々になっております。

電車や徒歩移動される方であれば荷物が少ない方がよくLEDやキャンドルがおすすめですし、車で行かれる場合であれば特にどれということはなく、お好みのものをもっていくことができます。

光量について

光量についてはLEDランタンを選択される場合であれば「ルーメン」という単位で明るさを表現されておりますので、それを一つの基準に選ぶことができます。

400ルーメンぐらいが一番使いが手が良いですが、それを超える明るさにすると少しまぶしく感じてくる場合もあると思います。(基本LEDタイプは明るさの調整もできるのであまり意識する必要ないかもしれませんが)

一方その他のランタンについてはガスランタンは明るいものも多いですが、オイルランタンやキャンドルランタンは比較的静かなものも多いのでソロであれば気になりませんが、グループになると少し物足りなく感じられるかもしれません。

グループでキャンプする場合はどのランタンを選ぶにしろ複数個ランタンを準備しておかないとどうしても暗い部分が出てくるので注意が必要!

まとめ

今回はキャンプにおいて夜の活動になくてはならないアイテムである「ランタン」について紹介でした。

キャンプといえばランタンはかかせないアイテムですので、ぜひこれから新しくランタンの購入を検討されている方はぜひこの記事を参考にしていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました