【キャンプ基礎知識】コットについて 種類・選び方おすすめ紹介

キャンプ基礎知識

今回はコットについて種類や選び方について紹介いたします。

コットは睡眠の際に活躍するギアです。お値段としては少しお高いものが多いギアになりますが、一つあるだけでキャンプの際の睡眠の質がかなり変わってきます。

私も以前タープ泊用に購入いたしましたが、買ってよかったと非常に思いました。

コットとは?

コットとはアウトドアで使う用のベッドです。比較的コンパクトに収納でき、手軽にキャンプ場などにもっていくことができます。キャンプの際の睡眠には寝袋マットもよく使われますが、寝袋マットよりもさらに快適な睡眠を確保することができます。

下の写真のように地面から距離を確保できるので睡眠の際地面からの冷気を抑えたりまた、タープ泊の際などには大雨が降った際も地面にできる水たまりから自身を守ることができます

コットの上にマットを載せて使うことによってさらに快適な睡眠につなげることもできます。

・コットはアウトドア用のベット
・地面から距離がとれるので冷気から身を守れる。
・雨の日のタープ泊の際にも水たまりなどから身を守れる
・コットとマットの組み合わせでより快適な睡眠がとれる

コットを購入する際の基準・選び方

コットは少しお値段が高いものも多いので自分のキャンプスタイルに合ったコットをよく考えて選ぶことをお勧めします。

使用時のコットの高さ

コットにはハイコットとローコットの二種類があります。ローコットは地面からの高さが低いものでハイコットは高さが高いものになります。使用上の違いとしてはハイコットの方が高さがあるため地面からの冷気が伝わりずらくなっています。

また、ソロキャンプ用のテントなどでの利用を考えている場合はハイコットではほぼ確実に入らないのでローコットでかつ自身のつけっているテントに入るか確認が事前に必要です。

・ソロキャンパーはソロ用テントにも入る商品が多いローコットがおすすめ!
・ハイコットは冷気からより身を守れるが車移動を想定しているキャンパー向け

収納時のサイズ

収納時のサイズはリュックに入れて持ち運ぶことを想定した非常にコンパクトなものや、肩掛けのひもなどがついているが移動の際は車が必要になってしまうサイズのものもあります。

収納時のサイズがあまりコンパクトにならないものは寝る面が広くなるなどのメリットもあります。

・電車キャンパーは収納時のサイズ比較的小さいものが多いローコットがおすすめ!
・車で移動される場合は自分のキャンプスタイルに合わせて自由にチョイス

耐荷重

一般的な体重の人が夜間やお昼寝の際に寝るためだけに利用することを想定している方であればあまり気にする必要はありません。

しかし、私のように180㎝体重90㎏あるような人やベンチとして2人で座っての利用を検討している方には耐荷重はチェックが必要な項目です。

・体重の重い人、ベンチとしての利用も検討している人は耐荷重要チェック!

コットの種類紹介

コットについては高さで3種類と収納時のサイズで2種類に大まかに分類することができます。

コットの高さ

ハイコット

↑FIELDOORのコット(写真はamazonにリンクしています。)

ハイコットは読んで字のごとく高さのあるコットになります。地面からの距離が離れることで地面から出る冷気からより身を守ってくれるとともに、ハイコットに腰かけて立ったり座ったりといった動きも楽にすることができます。

ただ、ハイコットは少し高さを出すためにパーツが多くなる分少し収納時のサイズが大きくなってしまうものもあります。

ローコット

↑Helinoxのコット(写真はamazonのリンクになっています。)

ローコットは地面から浮いているものの、地面との距離がそれなりに近く低い高さのコットを指します。ハイコットに比べ地面との距離が近いとはいえ冷気はある程度防ぐことができます。

また、低い分ソロ用の小さなテントなどにも入れて使うことができたり、収納時も小さいものが多いです。

ハイ・ロー兼用コット

↑VENTLAXの2wayコット(写真はamazonのリンクになっています。)

ハイ・ロー兼用コットはイメージとしてはローコットにオプションで足をつけることでハイコットとしても使えるものになります。

ローコットのソロ用の小さなテントの中に入れても使えるといった点もハイコットの高さがあるからこそのベンチとしての使い勝手のよさや、睡眠時の地面から距離が離れていることによる冷気から身を守れるといった点も、使う場面ごとにロー・ハイ切り替えることで一台で両方のよいところを享受することができます

収納時のサイズ

非常に小さくコンパクトにできるコット

↑FOTOCITIのコット(写真はamazonのリンクになっています。)

非常に小さく収納できるタイプのコットは重さも軽いものが多く持ち運びに適しています。その反面寝る面が少し狭くなっていたり少し値段が高いもの多いです。

安いものを買ってしまうと体重の重い人などは特に睡眠の際に崩れてしまうものもあるので購入の際はレビューをよく確認したり、実際に試したりすることが必要になります。amazonなどで購入検討される際は特に評価している人数が多いものでよい評点がついているものを購入することをお勧めします。

あまりコンパクトに収納できないコット

↑DOD コット(写真はamazonのリンクになっています。)

収納時あまり小さくおりたためないコットはメリットないのでは?と思われるかもしれませんが、抜群の安定感と寝る面が広くとれる商品が多いなどメリットがあります。

もちろんリュックに入る程小さく収納できるものとそれほど寝る面も変わらないものももちろんありますが、お値段としても比較的安く購入できるものもあり価格的メリットもあります。

キャンプインストラクターが選ぶ 初めての購入におすすめコット

本格的なものを購入したい方向けコット

これを買えば間違いないというコットは「helinox」のコットです。

おすすめポイント

  • 収納時かなりコンパクトになる
  • 重量も2㎏ちょいと軽量
  • ローコットなのでソロ用テントにも使える。
  • 耐荷重145㎏
  • helinoxという安心感とブランド力

マイナスポイント

  • 値段がかなり高いです。
・商品としては非常に素晴らしい
・ただ、値段が高すぎる、、、

値段を気にして購入するか迷っている方向けコット

コットをこれまで買ったことがない方で、値段の高さを気にされている方におすすめのコットは「Moon Lence」のコットです。

おすすめポイント

  • 収納時かなりコンパクトになる
  • お値段も一万円以下
  • 重量も2㎏ちょいと軽量
  • ローコットなのでソロ用テントにも使える。
  • 耐荷重160㎏

マイナスポイント

  • よく似た形状の別メーカーのコットを(同じくらいの値段)購入したことがあるのですが、傾斜などがあると使っているうちに重さに耐えられず脚が外れることがありました。この商品もコメントを見るとそういったことが起こると記載している方はいました。
  • しかし、設置する向きや位置などに気を配れば体重90kgの私でも問題なく寝れますし、標準的な体重友人が使っていた際は特に問題なく使えていました。
・コットの購入に値段で迷っている方、お試しに一度使ってみたいという方向けのコット
・地面に設置する際に傾斜などに意識をすればある程度使える

まとめ

コットは快適な睡眠をキャンプ場でとるためにあった方がよいギアになります。もちろんなくても寝れますし、必須アイテムではないですが一つ持っておくことでキャンプの幅が広がります。

コットをまだ持っていないという人は、ぜひ自分のスタイルに合ったコットを購入してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました