キャンプ飯のおとも 万能「トマト缶」のすすめ

キャンプ飯

今回は私のキャンプ必須アイテムトマト缶の使い方の紹介をしていきます。
私のような車を持たないキャンパーにとっていかに荷物を減らすかが非常に重要なポイントになっていくかと思います。

キャンプをしているうちに気づいてしまったトマト缶の魅力をお伝えしていければと思います。

トマト缶の魅力とは?

トマト缶ぐらいいつもキャンプにもっていくよ!という方ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、私が感じたトマト缶の魅力を3つ紹介します。

1.調理器具なしでそのままスープが作れる

まず一つ目としてはよくある話で、火にそのまま缶詰をかけて調理をすることです。
トマト缶のポイントとしてはカットトマトのトマト缶を購入して準備することです。
入れる具合としては主に以下になります。

【食材・調味料】
・オリーブオイル適量(たっぷり入れてもおいしいです。)
・塩コショウ少々
・コンソメ
・バーベキューなどで余った野菜や肉
 (バーベキューしていないときはソーセージを入れたりカット野菜入れたりしています。好きなものを入れてください)

これだけで非常においしいものが出来上がります。
バーベキューコンロの網の端に煮立つまで置いておくだけで完成しますし、食材も基本的にバーベキューで余ったものや自分の好きなものを入れるとでき、お手軽でおいしいスープです。
バーベキューの余った野菜や肉を入れるのは個人的に非常におすすめです。
いい具合にあぶられた食材が非常にいい味を出してくれます。

2.洗った後はお湯を沸かすケトルに変身

スープ作成後はきれいに洗って毎回ケトルにしています。
ただここで一つポイントがあるとすると、事前にそれでスープを作るときにおr-部オイルを使いすぎると洗う時に非常に油分をとるのに時間がかかるので少し苦労することになります

私は毎回一人でキャンプに行くときはこれを実践しています。インスタントの御みそ汁やスープ、コーヒーの粉をもっていき、小原安いた時やのどが渇いたときにお湯を沸かして作っています。

一度使い終わったトマト缶に取っ手を取り付けて鍋代わりにもっていっていたこともありましたが、やはり荷物を減らすという観点ではやはり新しいトマト缶を持っていくのがベストでした。

3.鍋の代用としても使える

こちらは上のケトル代わりに使うというのとに取りますが、こちらで鍋代わりにしてしまうと(特にカレーなどを作ってしまうと、)さすがににおいがついてケトルの代用として使うのには厳しくなってきます。

基本的になべの代用として使うのは最後に使われるのがおすすめです。

使う時のポイント「蓋を捨てない」

使う時のポイントとして「蓋を捨てない」ことがポイントになります。
最初にあげている写真のように蓋を私はいつも端に取り付けております。

というのも、この蓋を残しておくことで缶の中をある程度密閉することができるのでお湯のわきが少し早くなります。

なので、たとえ完全に蓋を外してしまったとしても上にのせておくだけでも良いので取っておくことをお勧めします。

トマト缶の種類とおすすめ

トマト缶には大まかに2種類あります。

1・ホールトマト缶

↑ラ・プレッツィオーザ ホールトマト缶 400g×6缶(画像からamazonに飛びます)

こちらはトマトがそのまま入っているトマト缶になります。実がそのまま入っているので種まで入っており酸味が楽しめるようです。使いどころとしてはじっくり煮込むタイプの料理にむいているとか。

カットトマト缶

 ↑ラ・プレッツィオーザ ダイス トマト缶 400g×6缶(画像からamazonに飛びます)

こちらはカットされたトマトが入っているトマト缶です。実はカットされ入っており、種はある程度取り除かれています。食感をたのしめるのでさっと火を通す料理に向いているとか。

おすすめはどっち?

キャンプでのおすすめは料理によって使い分けてくださいが回答ですが私の個人的なおすすめとしてはカットトマトです。トマト缶でそのままスープを作ったりする場合はどうしてもホールのトマトをつぶしたりしずらいです。普通にお鍋をもっていっている場合でもそれほどこだわりがなければ楽なです。そのため、カットトマト缶が個人的にはおすすめです。

まとめ

トマト缶の使い方の紹介をしてまいりましたが、補足とするとスーパーやコンビニで販売いているワンカップを温めるのにも非常に良いサイズとなっております。
一度もしかしてと思って購入して熱燗を作ろうとしたことがあったのですが、サイズとしてはびっくりするぐらいばっちりでした。
ぜひ、日本酒好きの車を持たないキャンパーの方にお勧めです(笑)
(特に冬場はとてもおいしいです。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました