炭はどこで買う?電車キャンパーおすすめの炭も紹介

キャンプノウハウ

キャンプといえばバーベキュー、その際に必要になってくるものといえば炭です。夏場であればスーパーなどでも販売しておりますが、シーズンものというところもあり年中置いている場所ばかりではないかと思います。キャンプは人に寄るかと思いますが、夏だけでなく冬場も楽しめるものでありそういったときに見つからないと困るものです。今回はどこで炭を購入できるのか、紹介していきます。

炭の購入場所

炭が購入できる場所としては以下があげられます。

1.ホームセンター

2.100均

3.スーパー(キャンプ場付近)

4.キャンプ場

5.amazon

順番にお勧めポイントを紹介していきます。

ホームセンター

まずはホームセンターです。ホームセンターは万能で炭だけでなく、薪やキャンプ道具なども置いています。椅子やテーブルなんならテントなども置いてありここに買い物に行くだけでキャンプに行けます。ホームセンターのいいところは炭も安いマングローブから備長炭等も置いていたり、炭の量も少ない量から多い量まで取り揃えられています。

100均

100均にも最近は簡単なキャンプグッズが販売されています。使い捨てのバーベキューコンロや折り畳みのフォークやスプーンなども置かれているのを目にします。その中で炭も一緒に販売されています。

100均で販売されている炭は500g程度の少量のものや、固形燃料タイプのものも販売されています。

スーパー(キャンプ場付近)

キャンプ場付近にあるスーパーにも置かれています。ただそれほど多くの種類の炭が置かれているイメージはなく、基本的には3㎏程度の段ボールに入っているものが一種類程度置いているか、珍しいところでは数種類のもの(サイズや複数)置かれているところもあります。

ただ、キャンプ場付近と書いてある通りその辺のスーパーではほぼ販売されていません。

キャンプ場

売店のあるキャンプ場であれば炭は必ず販売しています。ただ、すべてのキャンプ場で売店があるわけではないので注意は必要なのでキャンプ場に留まる際にそこで購入を検討されている場合は事前に売店の有無は確認は必須です。

amazon

購入する場所として挙げるのは間違っているかもしれませんが、amazonで炭は購入可能です。

種類の取り揃えも一番です。

ソロキャンプならどこで買うのがいいか?

車でキャンプに行くのであればどこで購入しても基本的には問題ないと思いますが、バイクであったり公共交通機関を使うとなるとキャンプ場で購入を検討するのが一番です。ただ、売店のないキャンプ場や河辺、浜辺などでキャンプをする際は現地で炭を購入するのは厳しいです。

その場合おすすめは100均の炭です。

100均の炭

良いポイントとしては500gで一つの袋として販売されている点です。一食分であれば十分間に合いますし、うまく使えば2食分持ちます。私が一人でキャンプに行く時はこれを一つもっていってよく利用しています。

まとめ

案外どこでも購入できる炭ですが、ソロキャンプで利用となると炭用の小分けにできる袋を準備したり気を遣う必要があります。

ただ、先ほども書きましたが基本的に車があれば段ボールに入った炭を購入してあまったら次回に回したりできるのでamazonやホームセンターでまとめ買いしておくのもおすすめかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました