【DDタープの張り方】簡易シェルター アディロンダック紹介(DDタープ 3x3)

DDタープ張り方

今回はDDタープ3x3を使った簡易シェルターの張り方であるアディロンダックを紹介します。

非常にシンプルな張り方ではありますが短時間で手軽に張れる張り方であり、かつ床部分も少しですが確保できるおすすめの張り方になります。

アディロンダックについて

アディロンダックは上の写真のような張り方になります。

この張り方では上部並びに両サイドが内側に少し入った形状となるため比較的雨風をしのぐことができます。基本的にオープンの状態の張り方になるためプライバシーは保ちずらく、宿泊まで想定すると少し視線が気になる方はいるかもしれません。

宿泊しやすさ★★☆☆☆
張る難易度★☆☆☆☆
フルクローズ可否不可

前からの写真

下の写真は前から撮った写真です。

横からの写真

下の写真は横側から撮った写真です。

後ろからの写真

下の写真が後ろ側の写真になります。

アディロンダックに必要なギア

アディロンダックを張る際に必要なキャンプギアは下記になります。

DDタープ 3x3

冒頭にも書いておりますが、DDタープ3mx3mが1つ必要です。

ペグ

ペグについては固定しないといけないループが4か所とガイロープの先3か所があるので、合計7本必要になります。

ポール

ポールは1.8mのものが2本必要になります。

ガイロープ

ガイロープは2.4mのものが3本必要です。

~MEMO~

DDタープ 3x31枚
ペグ7本
ポール1.8mx2本
ガイロープ2.4mx3本

前からの写真

アディロンダックの張り方

上の図がDDタープを広げた際のイメージ図です。写真の右下部分が入り口側です。

ポールは入り口側は1.8m程度のものを2本使います。

赤色の丸    :ペグを打ち込むループの場所
赤色の二重丸  :入り口の部分の根元にになるペグを固定する場所

青色の丸    :ポールを立てる場所
青色の二重丸  :ポールをひっかけるループの位置
緑色の線    :ガイロープを張るところ
黄色の網掛け部分:内側におり込むところ
黒の点線    :折り目

1.まず最初に後方にあたる面の赤の二重丸の位置をペグで固定します。

2.次に青丸二重丸のループにそれぞれ1.8mのポールの先をかけ、青色の丸部分にポールの下部分を置き、ポール自体をガイロープで固定します。

3.次に角の赤丸のループ2つをを赤の二重丸の位置に赤矢印に沿って移動させペグで固定いたします。

4.最後に正面真ん中の緑色の線の先を固定し完成です。

・ポールは1.8m程度のものが2本必須!
・STEP4については必須ではありません

その他の張り方が気になる方は下記記事でDDタープ3x3を使ったテントの張り方まとめておりますのでご参考にしてください。

【DDタープ3x3張り方】 おすすめ張り方12パターン紹介 | CAM P RISM

メリット

メリットとして一番にあげられるのは非常に簡単に張れる点です。活躍の場としてはデイキャンプがおすすめで、宿泊を考えるのであれば冬は避けることをお勧めします。

また、両側と上側が少し内側に折り込む形で張れるため、風や雨などある程度レベルであればしっかり防ぐことができます。

デメリット

この張り方ではフルクローズできませんので宿泊を想定する際、睡眠時など気になる方にはあまりお勧めできません

また、かなり開いた作りになっているため、ある程度雨風は防げるものの、張る際の向きを気を付けないと簡単に濡れてしまうので注意が必要です。

おすすめの季節「春、夏、秋」

この張り方は春、夏、秋シーズンにおすすめです。

夏場でもしっかり風の通り道を作れ熱がこもることもないですが、日差しの向きを意識して立てることが重要です。また、冬場は逆にフルクローズできないので寒く感じ宿泊には向きません。そのため、寒くなってくる晩秋や寒さの残る早春には向いておりません。

まとめ

今回はDDタープ3x3を使ったアディロンダックについて紹介いたしました。

冒頭でも記載しましたが、少し床面も確保できますし、非常にシンプルな張り方でおすすめなのでぜひデイキャンプに行った際などの日陰として試してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました