【DDタープの張り方】ガイロープ不要 ミニシェルター張り方紹介(DDタープ 3x3)

DDタープ張り方

今回はDDタープ3x3を使ったガイロープ不要ミニシェルターの張り方を紹介します。

張り方の名前の通りこの張り方は支柱になるポールさえあればガイロープがなくてもできる張り方になります。非常に手軽に晴れる張り方でおすすめの張り方です。

ガイロープ不要ミニシェルターについて

ガイロープ不要ミニシェルターは上の写真のような張り方になります。

この張り方をした際入り口側は直接地面になっておりますが、奥側がタープで床部分を作ることができ、荷物など地面に直接おかなくてすみます。また、少し中も狭くデイユースが基本的にはおすすめですが、もちろんこの張り方で宿泊することもできます。

前からの写真

下の写真は前から撮った写真です。

横からの写真

下の写真は横側から撮った写真です。

斜め後ろからの写真

下の写真は斜め後ろからの写真になります。

後ろからの写真

下の写真が後ろ側の写真になります。

ガイロープ不要ミニシェルターに必要なギア

ガイロープ不要ミニシェルターを張る際に必要なキャンプギアは下記になります。

DDタープ 3x3

冒頭にも書いておりますが、DDタープ3mx3mが1つ必要です。

ペグ

ペグについては固定しないといけないループが5か所あるので、5本必要になります。

ポール

ポールは1.2mのものが1本必要になります。この後の張り方の中でも説明しますが、中の空間を広く使いたい場合は1.8mのポールが2本必要になります。

  • DDタープ 3x3   :1枚
  • ペグ      :5
  • ポール1.2m    :1本(入り口を広く使いたい場合は1.8mを2本)

ガイロープ不要ミニシェルターの張り方

上の図がDDタープを広げた際のイメージ図です。写真の下部が入り口側の想定です。

ポールは入り口側は1.2m程度のものを1本使います。

赤色の丸    :ペグを打ち込むループの場所
赤色の二重丸  :入り口の部分の根元にになるペグを固定する場所

青色の丸    :ポールをひっかけるループの場所
青色の二重丸  :ポールを立てる場所
黄色の網掛け  :裏側に織り込み床部分になるところ
紫の点線    :張った際、地面部分になる位置

1.まず最初に3と4の赤丸のループを赤の二重丸の位置に赤矢印に沿って移動させペグで固定いたします。4についてはループの場所とペグで固定する場所が一緒です。

2.次に1の赤丸のループを赤の二重丸の位置に移動させペグで地面に固定します。この際、1を頂点として3と4に対しぴんと張って三角形ができるようにします。

3.次に青丸のループに1.2mのポールの先をかけ、おおよそ青色の位置が頂点でポールを内側に斜めに立てます。下の写真がポールを立てるイメージ図になります。青丸の位置を写真にも記載しております。

4.最後に2と5の赤丸のループを赤の二重丸の位置に移動させペグで固定します。

5.最後に黄色も網掛けにしている部分を内側に織り込むことで完成します。

ポール2本で中の空間を広く活用

また、少し荷物が増えてしまいますが1.8mのポールを2本使い下の写真のように張ることで真ん中にポールがなく中のスペースをより広く使うことができることができます

・ポールは1.2m程度のものが1本必要!
・ポール1.8mのものが2本あれば中のスペースを広く使える

その他の張り方が気になる方は下記記事でDDタープ3x3を使ったテントの張り方まとめておりますのでご参考にしてください。

【DDタープ3x3張り方】 おすすめ張り方12パターン紹介 | CAM P RISM

メリット

メリットとしてあげたいのは、この張り方はガイロープがなくても立てられるところです。

あまり荷物としてもガイロープが必要ないだけであればあまり荷物が減るわけではありません。しかし、こういった張り方をする際入り口方向にガイロープを張り建てる必要がありそのロープが少し邪魔になったりすることもあるかと思いますが、この張り方であればそれが解消されます

また後方に床面が確保できるところもおすすめです。後方だけですが、荷物を直接地面に置かずに済むためおすすめです。

デメリット

この張り方ではフルクローズできませんので宿泊を想定する際、睡眠時など気になる方にはあまりお勧めできません。もちろんデイユースであれば問題ございませんが。

また、寝る際は入り口付近で横向きに寝ることになります。そのため雨風が強いと向きを気を付けないと濡れてしまうかもしれません。

おすすめの季節「春、秋」

この張り方は春、秋シーズンにおすすめです。

夏場では風の通り道を作れていなので日中少し熱がこもり熱く感じますし、冬場は宿泊を考えると副フルクローズできないので少し寒く感じてしまうと思います。

まとめ

今回はDDタープ3x3を使ったガイロープ不要ミニシェルターについて紹介いたしました。

ガイロープ不要な張り方は珍しく私はこの張り方しか知りません。ぜひほかにも見つければ紹介できればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました