【DDタープの張り方】冬でも使える!「ツェルト風張り」紹介(DDタープ 3x3)

DDタープ張り方

今回はDDタープ3x3を使った冬のタープ泊におすすめの張り方である「ツェルト風張り」を紹介します。

少し難易度の高い張り方ではありますが、フルクローズも可能な張り方でプライバシーが確保できるだけでなく、防寒といった意味でも非常に優れております。

ツェルト風張りについて

ツェルト風張りは上の写真のような張り方になります。

この張り方は見ていただければわかる通りシェルターとしての機能は非常に高くなっております。冒頭でも書いている通り冬に非常におすすめの張り方になっております。また、オープンして利用することもでき宿泊を想定した時かなり万能な張り方であります。

宿泊しやすさ★★★★★
張る難易度★★★★☆
フルクローズ可否

形状としては依然ご紹介した、フランス軍幕風張りのフルクローズ版であり、フランス軍幕風張りと比較して中の空間は少し狭くなっております。

ちなみにフランス軍幕風張りは下記記事よりご覧いただけますので気になる方はご覧ください。

【DDタープの張り方】フランス軍幕風張り(DDタープ 3×3) | CAM P RISM

フルクローズ時の前からの写真

下の写真は前から撮った写真です。

フルクローズ時の斜め横からの写真

下の写真は斜め横側から撮った写真です。

オープン時の前からの写真

下の写真がオープン時の前からの写真になります。

オープン時の斜め前からの写真

下の写真がオープン時の斜め前からの写真になります。

オープン時の斜め後ろからの写真

下の写真がオープン時の斜め後ろ側の写真になります。

オープン時の後ろからの写真

下の写真がオープン時の後ろ側の写真になります。

ツェルト風張りに必要なギア

ツェルト風張りを張る際に必要なキャンプギアは下記になります。

DDタープ 3x3

DDタープ3mx3mが1つ必要です。

ペグ

ペグについては固定しないといけないループが6か所ガイロープの先最低2か所あるので、合計8本準備しておくとよいでしょう。

ポール

写真のように張るためにはポールは1.2mのものが2本、オープンにする場合は追加で1.2mが2本必要になります。

ガイロープ

ガイロープは2.4mのものが2本、オープンにする場合は4本あると張ることができます。

~MEMO~

DDタープ 3x31枚
ペグ8本
ポール1.2mx2本(オープン時1.2mx4本)
ガイロープ2.4mx4本

ツェルト風張り の張り方

上の図がDDタープを広げた際のイメージ図です。写真の右側が前方になります。

ポールは1.2m程度のものを2本、オープンで利用したい場合は1.2m追加2本使います。

赤色の丸    :ペグを打ち込むループ場所
赤色の二重丸  :赤色の丸部分を地面にペグで固定する場所

青色の丸    :ポールを立てる場所
紫色の丸    :背面青色丸部分で重ねてペグで固定する場所
オレンジの点線 :折り目
黄色の網掛け部分:背面
赤色の網掛け  :内側におり込むところ
緑色の線    :ガイロープを張るところ

1.赤色の丸部分を赤矢印の方向にある赤色の二重丸にそれぞれループを移動させペグで固定します。

2.紫色の丸部分2か所のループを青色部分に移動させペグで固定します。

3.背面部のポールを立てガイロープを張り、次に前方部分のポールを立てガイロープで前後テンションをかけながら調整してたて完成です。

オープンスタイルで張る場合

オープンで張る場合は先ほどの展開ず右側を跳ね上げて張ります。(ちなみに左右どちらでも問題はございません。)

右側の赤丸部分それぞれに1.2mのポールを取り付けることで張ることができます。

またこの際それぞれのポールに下記の赤丸で囲んでいる部分のようにループにポールを通しておく必要があります。

・ポールは1.2mを2本基本利用
・オープンスタイルでも利用可能

その他の張り方が気になる方は下記記事でDDタープ3x3を使ったテントの張り方まとめておりますのでご参考にしてください。

【DDタープ3x3張り方】 おすすめ張り方12パターン紹介 | CAM P RISM

メリット

メリットとしてはオープンスタイル、フルクローズスタイル両方対応可能な点です。

日中はオープンスタイルでシェルターの中から焚火を楽しんだり、ある程度の雨風をしのぐことができますし、夜間はフルクローズにして睡眠をとることもできプライバシーもしっかりと確保することができる張り方となります。

デメリット

デメリットはございません。強いてあげるとすればぴんと張るのが少し難しい点ぐらいです。

おすすめの季節「春、秋、冬」

この張り方は春、秋、冬のシーズンにおすすめです。

シェルターとして非常にクオリティの高い張り方になりますが、オープンスタイルにしたとしても風通しは少し悪く、熱がこもりやすいため夏にはお勧めしません。

ただ、暑さがそれほど気にならないという方であればもちろん夏場もシェルターとしての活用は問題ございません。

まとめ

今回はDDタープ3x3を使ったツェルト風張りの張り方やポイントについて紹介いたしました。

シェルターとしての機能も非常に高くタープ泊を考えられている方に非常におすすめの張り方ですので、ぜひこちら張り方気になった方は試してみてください。

コメント

  1. 新しい、ツェルト風張り為しました。
    良きですね。

    コットが横に入れられれば三重丸でした。笑

    ありがとうございます。

    • ヒデさん、コメントありがとうございます!
      横幅1.5mしかないのでコットが横向きに入らず
      少し残念ですよね...

タイトルとURLをコピーしました