【DDタープの張り方】フルクローズ可能 パスファインダー紹介(DDタープ 3x3)

DDタープ張り方

今回はDDタープ3x3を使ったパスファインダーという張り方を紹介します。

ポールが一本、ガイロープ一つでできる張り方で、荷物も少なくかつ簡単に張ることができます。フルクローズにもできかつ雨の日などもポールをもう一本使うことで屋根ありの作業スペースも確保できる非常におすすめの張り方です。

以前夏用の少し変形させたパスファインダーの張り方も紹介しているので気になる方はご覧ください。

パスファインダー

パスファインダーは上の写真のような張り方になります。

中部分もそれなりの広さを確保することができ、180㎝の私でも横になって寝るスペースは確保できます。また入り口部分が形状上広くなっているため出入りや入り口付近での作業も非常にしやすい張り方になります。

後ろからの写真

下の写真は後ろから撮った写真です。

横からの写真

下の写真は横側から撮った写真です。

内側の写真

内側の写真です。中もフルクローズにしてもそれなりの広さを確保できます。

パスファインダーに必要なギア

パスファインダーを張る際に必要なキャンプギアは下記になります。

DDタープ 3x3

冒頭にも書いておりますが、DDタープ3mx3mが1つ必要です。

ペグ

ペグについては固定しないといけないループが5か所とガイロープ固定2つ必要なので、7本必要になります。

ポール

ポールは1.2mのものが1本と0.6mのポールが1本の径2本必要になります。

ガイロープ

ガイロープは2.4mのものが3本あれば事足ります。(長さはもう少しみじかくてもいいですが)

  • DDタープ 3x3   :1枚
  • ペグ      :7
  • ポール1.2m    :1本
  • ポール1.8m    :1本
  • ガイロープ   :2本

パスファインダーの張り方

上の図がDDタープを広げた際のイメージ図です。写真の下部が入り口側になります。

ポールは入り口側は1.8m程度のもの後ろのタープ外で中の広さを確保するために使う方は1.2m程度のものを使います。

赤色の丸    :ペグを打ち込むループ場所
小さい赤色の丸 :1.2の数字の書いた赤丸のペグを打ち込む場所
赤色の二重丸  :入り口の部分で二つ重ねてペグで固定する場所

青色の丸    :ポールを立てる場所
オレンジの点線 :折り目
黄色の網掛け部分:内側におり込むところ
緑色の線    :ガイロープを張るところ

1.赤色の丸部分前2か所は小さい赤丸に、後ろ2か所はループのついている場所に打ち込み固定します。

2.次に入り口側のポール(1.8m)を立て緑の線に沿って前方にガイロープを張ります。

3.続いて、後ろ側のポール(1.2m)を立てます。緑の線の根元部分のループからガイロープを延ばし1.2mのポールをタープの外の青丸部分を経由させ張ります。下の写真がイメージになります。

後ろのポール(1.2m)の立て方

この際ポール先でガイロープを下の写真のように一周させることでポールの位置をガイロープ上で固定します。

1.2mのポールとガイロープのつなげ方

4.最後に入り口側ポール(1.8m)の根元にペグを一本打ち込み、2か所の赤の2重丸をそのペグのフック部分に引っ掛け入り口は開閉できるようにセッティングすれば完成です。この際打ち込むペグは少しだけ浅めに打ち込むのがコツです。そうすることでループを引っ掛けたり外したりすることが出います。

・ポールは1.8m程度のものと1.2m程度のもの2本必要
・ガイロープは2本必要
・入り口を開閉するためにポールの根元に打ち込むペグは少しだけ浅めに打ち込むべし

その他の張り方が気になる方は下記記事でDDタープ3x3を使ったテントの張り方まとめておりますのでご参考にしてください。

【DDタープ3x3張り方】 おすすめ張り方12パターン紹介 | CAM P RISM

メリット・デメリット

メリット

メリットの一つ目としてあげたいのは、この張り方であればフルクローズにすることができる点です。プライベートな空間が確保できますし、気密性も確保でき中はそれなりの暖かさを確保できます。それに加え、入り口部分の開閉も非常に簡単に行うことができます

また、中の広さもコットを入れることができるくらいには広く雨の日にもコットで安心して睡眠をとることもできます。

デメリット

ほぼデメリットはありませんが、床部分をタープの一部を使って作れない点です。地面部分にシートなどを引く必要があるので少し荷物が増えてしまうかもしれません。

私のように直接地面にマットなどひいても気にならない方には関係ありませんが。。。

おすすめの季節「春、秋、冬」

この張り方は春、秋、冬シーズンにおすすめです。

冬でもフルクローズすることができるためる程度の暖かさを確保できますが、逆に夏場には少し通気性が悪いため中に熱がこもってしまうためあまりこの張り方はおすすめではありません。

まとめ

今回はパスファインダーの張り方を紹介いたしました。
コットも中に入れることができ、かつフルクローズにすることのできるおすすめの張り方です。

簡単に立てられる張り方ですので、ぜひ一度試してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました